人気ブログランキング | 話題のタグを見る

虹色のエチュード

nijietude.exblog.jp ブログトップ

【画像保存】

久々の投稿です。
瀬戸内Finderに応募する為、今まで撮りためた写真をupです。

【画像保存】_e0198328_18591815.jpg
※秋の音戸の瀬戸※

【画像保存】_e0198328_191218.jpg
※地元のお祭りのヤブ※

【画像保存】_e0198328_1912684.jpg


【画像保存】_e0198328_1922828.jpg


【画像保存】_e0198328_1925410.jpg


【画像保存】_e0198328_193277.jpg
※宮島の春※

【画像保存】_e0198328_1941191.jpg


【画像保存】_e0198328_1944360.jpg


【画像保存】_e0198328_1951415.jpg
※呉湾を見渡して※


【画像保存】_e0198328_1954967.jpg
※近所の桜並木※

【画像保存】_e0198328_1962680.jpg


【画像保存】_e0198328_1974367.jpg
※音戸の瀬戸のつつじ※
【画像保存】_e0198328_198363.jpg

# by haru-kazetan | 2014-08-05 19:19

神社仏閣~鍋宇佐神社

神社仏閣~鍋宇佐神社_e0198328_1495775.jpg


最初は私の生まれ育った町
呉市警固屋に鎮座する鍋の宇佐神社のご案内です。

この宇佐神社は軍港で栄えた広島県呉市にあり、
JR呉駅から南に3kmほどの「鍋地区」の高台に鎮座しています。

●鎮座地●

〒737-0012 広島県呉市警固屋4丁目14-31 旧安芸国 安芸郡 
          (旧表示 呉市警固屋町鍋浦字古郷)

●御祭神●

品陀和氣命(慶神天皇)
息長帶日賣命(神功皇后)
玉依毘賣命(神武天皇の御母)

●御由来●

創立年代は古く、大治二年(一一二七)秋九月宇佐八幡宮より勧請との口伝あり。
その後、音戸の瀬戸開削の際に平清盛が当地に宿して深く信仰したと伝えられています。
その当時は鯛代港(現鍋桟橋辺りでしょうか?)に鎮座し、鯛が多く集り人々が土鍋で食用したために
鍋宇佐八幡宮とも称されました。
「鍋」と言う地名もここに由来しています。

●祭 日●

例 祭 九月二十三日 潤年二十四日(毎年秋分の日なので22日になることもあり)

         (参道由緒掲示板より抜粋)

本年度のお祭りより

神社仏閣~鍋宇佐神社_e0198328_14114012.jpg


☆虹色のエチュードは広島ブログに参加しています☆

広島ブログ
# by haru-kazetan | 2012-10-03 14:14 | 神社仏閣(呉市)

神社仏閣in呉

本日より、広島県呉市の神社の由来・歴史について書いて行こと思います。

呉の伝統文化を伝えようと立ち上がったFBコミュのヤブ女!
そこで色々な神社のお祭りの取材に携わるようになりました。

真のお祭りを伝えるには神社のことを、より深く知り得なければいけないだろうと
今回・・お祭りに行かせてもらった神社について調べています。

調べれば・・調べるほど奥が深い~!!
神社から、その街の歴史がわかる。
そんなことを実感している今日この頃です。

これから私が訪ねさせてもらったお祭りをこのブログに綴って行こうと思います。
呉って古く歴史ある街です(^^)

☆虹色のエチュードは広島ブログに参加しています☆

広島ブログ
# by haru-kazetan | 2012-10-03 12:22 | 神社仏閣(呉市)

『レアな秋分の日』と『鍋の宇佐神社大祭』

今年は116年ぶりに9月22日が秋分の日です。

春分の日と秋分の日は、太陽と地球の位置関係で決まります。
国立天文学が計算し、前年の2月1日付の官報で正式に確定するそうで。
春分の日はこの50年で3月20日と21日を行き来していたけれど、
秋分の日は79年は9月24日で、80年以降はずっと9月23日だったそうです。

私が子供の頃に1度だけ、24日が秋分の日だったなんて覚えていないけれど(^^ゞ
ずっと、秋分の日は23日だと思っていました。

日付が動くのは、地球が太陽の周りを365日と約6時間かけて1周するためで、
4年に1度、うるう年で調整するものの、それでもずれが出てくるためだそうです。

ちなみに、次に「秋分の日」が22日になるのは2016年のようです。

22日の秋分の日はそんなに遠くない日だけれど
24日が秋分の日になるのは、後103年後となり22世紀も
この1度きりだそうです(21世紀中にはない)

そのレア秋分の日なのですが、いよいよ9月です。
9月と言えば、呉は秋祭りシーズンに入ります。

あちらこちらでお囃子の練習の音も聞こえ始める時期になりました。
呉で一番早く、お祭りがあるのは私の生まれ育った町・・
鍋の宇佐神社大祭です。

私自身、このお祭りは毎年、宵祭りが22日・本祭りが23日だと
思っていたのですが、ここは何と秋分の日に合わせてお祭りが
行われていたようです。

そして今年のお祭りはもちろん、レアな秋分の日に合わせて

宵祭り:9月21日(金)

本祭り:9月22日(土)

となっています。

昔から伝わる、お祭りの伝統って、この日にちも
表れているんですね。

お祭りのことを調べてみると、本当・・面白いかも知れません。

その鍋の宇佐神社大祭に出かけてみませんか?
賑やかさも昔ほどでは、なくなったけど・・
鍋のやぶは、呉で一番かっこいいと思っています(^^)

ちなみに鍋のやぶは、それぞれ名前がついていてます。

北区・・・かっぱ。

中央区・・よだれ。

西区・・・にぐろ。

去年、撮影したお祭りの映像はこちらから

     ↓

YouTube

☆虹色のエチュードは広島ブログに参加しています☆

広島ブログ
# by haru-kazetan | 2012-09-04 12:48 | お祭り

☆神のいつく島☆

神のいつく島で『厳島』!!

昨日は呉市大和ミュージアムで開催されている
『呉の歴史』講座を受講してきました。

開催予定回数は9回。

第1回目の“総括”は都合により受講することは出来なかったのですが
第2回目の昨日は参加することが出来ました。

昨日は“原始・考古”

原始時代?そんなに古くから呉は存在していたのか?と
非常に興味があったのですが、呉の話ではなく・・・

呉を語るには宮島から・・と言うことで昨日は宮島の話をされました。
宮島は今が特に旬だし(^^ゞ

でも、原始時代なので話は平安時代の平清盛が生きた時代より
ずっと以前に遡ります。

神々の国と呼ばれている神秘的な島、厳島。
神のいつく島なので厳島とつけられたそうです。

そして・・様々な縄文土器・弥生土器発掘から、古代においては下の地図上の
赤で囲ったところに、沢山の人が住んでいて宮島の中心だったのではないか?
話されていまいた。

☆神のいつく島☆_e0198328_11473214.jpg


今の宮島の中心(観光地)は青丸で囲っているところですね。
島1周20K・・今では赤で囲ったところへ歩いて行くには
相当の覚悟がいるようです。

引潮の時に歩いて行き・・満潮になる前に後をしないと
海につかってしまいます。
なので普通は行けそうもありません(汗)

でも、あの辺りに行けば、遙か昔に思いをはせれそう。
神様と対話が出来そう。

(ちなみに、宮島とんぼは、この赤丸のとこに生息中!!)

神様と対話って言えば・・私は弥山に上がる時は
ロープウエイだったけど、山道を歩いて上がれば
また心が洗われそうです。

でも・・宮島まで行って、山登りはゴメンだけど(^_^;)

小さな船に乗って、海から宮島の周りを見てみるって言うもの
いいかも知れませんね。

来月もやはり『古代』どんな話になるのかな?
行けるといいな。

☆虹色のエチュードは広島ブログに参加しています☆

広島ブログ
# by haru-kazetan | 2012-07-22 11:49 | 呉地域情報
line

使用カメラ:Canon Eos Kiss X7


by haru-kazetan
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30